2010年07月08日

どうしたら立派な人間になれますか?

仮名論語 憲問第十四


<読み下し>


子路(しろ)君子(くんし)を問(と)う。
子曰わく、
己(おのれ)を修(おさ)めて
以(も)って敬(けい)す。
曰く、斯(か)くの如きのみか。
曰わく、
己を修めて以って人を安(やす)んず。
曰く、斯くの如きのみか。
己を修めて以って百姓(ひゃくせい)を安ず。
己を修めて以って百姓を安ずるは、
尭(ぎょう)・舜(しゅん)も其れ猶(なお)
諸(これ)を病(や)めり。



子供論語 意訳>


弟子の子路(しろ)が、
「どうしたら立派な人間になれますか?」
と質問した。
孔子様は、
「自分を磨いて、人を敬いなさい」
と答えた。


子路は先生の答えがあまりにも簡単だったので、
「たったそれだけですか?」
と問い返した。
孔子様は「そう、自分を磨いている人とは
安心してつきあえるからね」
と答えたが、
子路は納得が行かず、
「たったそれだけで本当に
立派な人間になれるのでしょうか?」
と重ねて質問した。


孔子様は、
「そうだ!安心できる人間でなかったら
人が信用してくれない。
信用してもらえなければ、
誰も君のいうことに耳を貸してくれない。
耳を貸してもらえなければ、
君がどんなにいいアイディアを持っていても
採用してもらえない。
採用してもらえなければ、
すべては絵に描いた餅で終ってしまう。
人はみんな神様からすばらしい宝物を
授かって生まれて来る。
それを宝の持ち腐れにしてしまったら、
もったいないではないか!
だから、人様から安心してもらえるような
人間になりたければ、
まず自分を磨きなさい。
これが立派な人間になるための
昔から伝わる秘訣なんだよ。」
とおっしゃった。


<親御さんへ>から抜粋


自分を磨くなどと云いますと、
今の人は技術の習得による
スキルアップや
全身美容のエステなど、
目に見える自分のことばかり
気にしているようですが、
そうではない、
そんなことは大したことではない。


目に見えない自分
つまり精神を磨く
ということです。
これを「修身」と云います。



思っているだけ、
考えているだけでは何にもならない!
善いと思ったことは実行・実践
してみなさい!


という理念で貫かれているのが
修身」です。


上記の内容は、
高野大造氏を
講師
論語に学ぶ会
山形塾で
http://rongo.jp/index.html
学んだものです。




猫心と精神を磨くには・・・無添加石鹸がよいかしら・・・
  あっ!師よ、ごめんなさい。冗談ですニャー(笑)
posted by こんちゃん at 12:03| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
成る程ねぇ〜。
Posted by かず at 2010年07月08日 21:08
かずさん
ねっ。頷けるでしょ。
Posted by konta at 2010年07月09日 07:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。