2010年05月02日

去る者は追わず

いや〜〜昨日の論語の
懇親会そして2次会・・・
ひさびさに参加して
大いに盛り上がりました!
二次会では・・・・
ふふふふ〜紅一点ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)


カラオケで「愛の賛歌」を歌ったら、
そのお店にいらした他のお客様が
「岸洋子の歌もうたえるんじゃない」
と言われ、
いつのまにかリクエストされていて
歌っちゃいました〜キスマーク
こんな出来事は初めてです。
知らない歌だったので、
ママに左側の耳元で歌ってもらって
ですが・・・(笑)
なーんかキモチ良かったです〜
嬉しいるんるん嬉しいるんるん


来月は6月5日(土)です。
ゲストさんは1回講義が無料ですので、
参加したいな〜という人はぜひぜひグッド(上向き矢印)
http://rongo.jp/aisatsu/aisatsu00.html


さて第二日目の論語です


述而第七


読み下し文
郷(ごきょう)与(とも)に言い難し。
童子見ゆ。門人戸惑う。
子曰(のたま)わく、
其の進むに与(くみ)するなり。
其の退くくには与(くみ)せざるなり。
唯何(ただなん)ぞ甚(はなはだ)しきや。
人(ひと)、己(おのれ)を潔くして進まば、
其の潔きに与(くみ)せん。
其の往(おう)は保せざるなり。


通 釈
互郷という村は人情風情が劣悪で、
まともに話しもできないような所であった。
孔子一行がそこを通りかかった時、
一人の少年が孔子に面会を求めて来たので、
孔子は快く会ってやった。
門人達は、
どうしてこんな村の子になんか
会ってやったのだろうかと訝しがった。
孔子は、
「苟も自ら進歩向上を願って
面会に来たのだから、
会ってやるのは当たり前だろう。
後退堕落を願う者に
私は与(くみ)することはできないが、
純粋に進歩向上を求めて来る者を、
拒む必要がどこにあろうか!
そんなにひどいことを云うものじゃない!
将来この子がどうなるかは
この子自身の自助努力如何だから、
私の保証の限りではない。
取り越し苦労はしないことだ」
と云った。


解 釈
去る者は追わず、
来る者は拒まず。
何事もあるがままに受け入れて
執着しないこと。


高野師 講釈
「孟子」の尽心章句に
「夫れ予(われ)の科(か)を設くるや、
往く者は追わず、来る者は拒まず。
苟も是の心を以って到らば、
斯(ここ)に之を授くるのみ
(そもそも私が弟子をとる場合、
去る者は追わず来る者は拒まず。
苟も自ら学ぼうと志しを立てて来る者は、
そのまま誰でも引き受けるのみである)」
とありますが、
ここで云う
「人、己を潔くして進まば、
其の潔きに与せん。
其の往を保せざるなり」
と同じことです。


教育者や指導者は、
「去る者追わず、来る者は拒まず」の
スタンスをもっていないと、
やって行けないでしょう。
新興宗教で
「脱会したら地獄に落ちるぞ!」と、
去ろうとする者を脅かす教祖が
いるそうですが、
あれはインチキですな。
信者じゃなくて教祖本人が落ちるんですよ、
地獄にね。
「荘子」の応帝王に
「将(おく)らず迎えず、応じて蔵せず」
とあるのも
「去るものは追わず、来る者は拒まず。
何事も有るがままに受け入れて執着せず。
年越し苦労はしなさんな!
持ち越し苦労もしなさんな!」
ということですね。



あるがまま・そのまんま自分を信じる
っていうのにも繋がるんじゃないかニャー猫




高野 大造 著 書いて味わう人生応援歌「論語」より
http://rongo.jp/aisatsu/aisatsu00.html

posted by こんちゃん at 09:44| 山形 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あははは〜〜・・・・。

こんちゃんさん、すばらし過ぎです。
Posted by kaori at 2010年05月02日 10:50
久々の論語

学びたい〜っていう気持ちになりました!!!
Posted by えがお at 2010年05月02日 11:52
タイトルにつられて、
気軽に読み進めて行ったら・・・・・・・深い〜〜〜!!

実は、ワタシの教室運営のモットーが、
「去る者は追わず、来る者は拒まず」なんです!

教室始めてからもう28年になりますが、
いろんな生徒さんと接するうちに、
自然とこういう境地にいたりました。

そかー、そういうことだったのか〜・・・・・。

いやー、非常に深く感じ入りました!
こんちゃん、ありがとうございます!
Posted by おかん at 2010年05月02日 17:46
kaoriさん
>「脱会したら地獄に落ちるぞ!」
この当たりに反応しました?(爆)


えがおさん
学びましょう学びましょう
良いも悪いも学ばないとわからないですもんね。


おかんさん
28年ですか〜
すばらしいですね〜
継続するっていろんな事がありますよね。
Posted by konta at 2010年05月03日 09:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック