2009年11月02日

ハプニング

11月1日、西川町交流センター あいべにて

ひとり芝居 真知子〜ある女医の物語〜

約320名のお客さまから
感動の拍手をいただき
無事終了!!!!


と、言いたい所ですが
な、なんと劇中すっご〜〜〜いハプニングが起こりました。


長年舞台をやっておりますが、
初めての経験です。

まず、今回インフルエンザ予防という事で、
会場口でマスクを配布することになりました。
なので、舞台上からは
”白いマスク”がいやおうなく私の目に入ってきます。

ま〜それは最初からわかっていることなので、
驚くことでもないと思っておりました。

さて、芝居の内容が、身近なことなので、
共感されて「ウンウン」とうなずく様子や声が
いつもの公演より多くあるんだろうと感じました。

ま〜これもライブですから
当然役者の耳や目にはいるのは
当たり前な事です。

そういう雰囲気もつかんで
舞台はお客さまと一緒に創りますからね。

さてさて、本題のハプニングです
(やっとかよ〜(爆))

時間にして中盤ぐらいですかね〜

吹雪の中をそりに患者を乗せ
村人総勢30人くらいで、
10時間もかかる町の病院まで
運んで行くというシーンがあります。

DSC08910.JPG

ひとり芝居ですから
私以外は役者は出ていませんけどね。


そして、吹雪の中を必死に歩いている
演技をしている時


なんか騒がしい感じがするのを感じました。


吹雪のシーンも共感しているからかな〜
と演技をしながら思いましたが、
それがどんどんざわついてきているんですね。


んで、
「病院の明かりが見えた!
千代ちゃんは助かったわよ!」


とセリフを言った後は、


立ち止まって
ナレーション風に
セリフを言う場面にきて、
改めて、人が倒れたという事実がわかりました。
それでざわついているのだと・・・。
上手前ですからちょうど、
私が演じている目の前
前の席から4列あたり?


ど〜しよ〜がく〜(落胆した顔)


演技して立ち止まったまま
演技をしながら、舞台袖を見ると
舞台監督が走り回っているのが見えました。


私は、まだ演技をしながら立ち止まったままです。


わ〜ど〜しよ〜ど〜しよ〜がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
中止にするの?ねえ?ねえ?ど〜するの?


と心で話しをしていましたが、
舞台上からそんな事を聞けるはずもなく・・・・



また、演技しながら倒れた人のあたりの
様子をうかがっておりました。


しかし、あんまり長い「間」はよろしくないです。


私は覚悟を決めました!右斜め上



「こんなことが何回あったことか
吹雪の途中で息を引きとった村人が何人もいました。
私の住む大井沢は陸の孤島と言われた僻地だったのです・・・・」


そのまま舞台を続行いたしました。


ライブなので、何か事が起こってもおかしくはないです。
10代のころ舞台に出ていて停電した事はありました
でもそれは体育館で日中でしたので、
スタッフがカーテンを全開し、日の光を入れて
続行した事はあります。

しかし・・・舞台中、
人が倒れるという現場にいたのは
今回が初めて・・・・


途中、救急隊員がいらして、
会場から出て行く様子も
見えました。


動揺しないはずはなく、
その後の演技の時にも
気にはなっておりましたが、
それをかき消すように

”私の仕事は
最後まで「真知子」を演じきる事!”

それを己に言い聞かせながら
舞台を進めていきました。


本当に己との戦いです。
板に乗っている間は
誰も相談できる人はいません。


なんというか、
今回のハプニングは
「お医者さまの」お芝居でもあるからなのか、
目の当たりに体感させていただいたような
気がしています。

頭や机上の判断ではなく
現場でどのように動けるか
現場でどのような判断をくだせるのか

それは各々の仕事場、日常生活
でもいえること。
その現実を体感させられた舞台だったと思う。


舞台中もその倒れたお客様はの
安否を心配しておりましたので、
舞台終了後すぐに関係者の方に
伺いました。
なんでも目眩がしたとかで、
救急車の中で正気に戻られ
大丈夫だったと聞きました。


その内容を聞いてほっといたしました。


DSC09173.JPG



今日は長くなりすぎたのでここまでわーい(嬉しい顔)

感謝!感謝!全てのモノ・コトに感謝!
posted by こんちゃん at 10:45| 山形 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | ひとり芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(ToT)大変だったんだね!!
偉いぞ\(^-^)/!!
Posted by おーのっ at 2009年11月02日 11:20
おーのっさん
すごい体験をいたしました。
経験によって”人”は強くなるだね〜
ありがとう(笑)
Posted by konta at 2009年11月02日 11:44
こんちゃん、お疲れ様でした。
素晴らしかった〜!!!

満員のお客様が(ご高齢の方も多かったのに)誰一人席を立たず最後まで見入っていたことが何より証拠です。

救急車で運ばれた方も心配だったけど、大事でなく一安心でした。

すごーくプロフェッショナルのこんちゃんを観れて感動しました。もちろん、芝居もね!

これからが(も)楽しみです。
Posted by よしだくん at 2009年11月02日 13:48
ハプニング。
そういえば 昨日の NHK のど自慢。
最後の ゲスト歌手の 堀内孝雄のとき。
なんと 違う 曲がかかって 途中 で止めてすいましたね。

プロ歌手のまして天下の NHK でも あるのですね。
もっとも堀内孝雄だからそのへんは、うまくお話で客の笑いを誘っていましたけど・・・・・

プロって大変ですよね。
喜劇ならいいけど・・・・・・

がんばってください。
Posted by サッチモ at 2009年11月02日 14:40
よしだくんさん
昨日は観にきていだたいて本当によかった〜
また、かわいいお花を頂戴しまして
ありがとうございます。
これからもよろすく〜(笑)

サッチモさん
のど自慢は、生放送でしたよね、たしか?
あるんですね〜ハプニングは〜
なので、どんな状況でも対応できないと、
務まりませんね。
応援ありがとうございます。(笑)
Posted by konta at 2009年11月02日 15:39
あれはハプニングではなく、
きっと志田周子さんからのメッセージだったと思うなあ・・・。

よしだくんさん、昨日は会えずに残念でした!
また、お茶しましょ。
Posted by えがお at 2009年11月02日 18:28
リアリティのあるハプニングでしたね。
お客様も無事でよかったです!
何だか「医者とは何かを体感せよ!」という啓示みたいですね。
集中を切らさず、お客様を引き込んだコンちゃんの舞台に拍手を送ります。
Posted by くろやぎ堂 at 2009年11月02日 21:24
 主人公の地元ですから、今田さんも観客も気合が入っていましたね。
今田さんの大熱演と、志田さんの生き方が重なって、
涙が止まりませんでした。

途中のハプニングも、緊張が途切れずに(そう見えたのですが)、さすがプロと感服しておりました。

この「ひとり芝居」、10年と言わず今田さんのライフワークとして続けてください。
何度でも見に行きますよ。

カメラマン、少しうるさかったですね(笑)。
Posted by 圭一朗 at 2009年11月03日 00:58
えがおさん
ありがとうございます。
そうですね。
あの場にいるみんなに
「忘れないように」と
啓示だったのかもと思います。
かわいいお花ありがとうございました。


くろやぎ堂さん
そういう啓示をしっかりと受け止めています。
お酒ありがとうございました。


圭一郎さん
今回も観にきていただきまして、
ありがとうございました。
2月の公演とまた違った感じで
ご覧いただく事ができたのでないかと
思っております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
カメラマン・・・そうでしたか
ごめんなさいね。
Posted by konta at 2009年11月03日 10:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。