2009年10月10日

内なる声

老子道徳径(ろうしどうとくきょう)より


内なる声
(老子道徳径第四十四章)

静けさと平和、
このふたつを得るには
今の自分の持つものに満足する事だよ。
ひとになにか求めないで、
これで充分だと思う人は
ゆったり世の中を眺めて、
自分の人生を
長く保ってゆけるのさ。


「ほっとする老子のことば」
加島祥造 画・文 二玄社 より抜粋

猫人に何かを求めるから、裏切られた時つらいのだニャー

P1000082.JPG

posted by こんちゃん at 08:50| 山形 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まんが「リアルクローズ」の中の言葉だけど
「相手を利用しようとする人」「相手に犠牲を強いる人」からは、やんわりと離れること。とのコメントが。
一緒にいて、温かくなったり、勇気が出たり、楽しくなっちゃう人と、なるべく会いたいものですな。自分も、そういう人になりたいです\(^-^)/!
Posted by おーのっ at 2009年10月10日 09:04
>一緒にいて、温かくなったり、勇気が出たり、>楽しくなっちゃう人と、なるべく会いたいもの>ですな。自分も、そういう人になりたいです

おーのさん
↑に同じです
Posted by konta at 2009年10月10日 13:18
おーのさん、こんちゃん

↑に同じです!

ところで、こんちゃん

手塚治虫の「火の鳥」16巻、読む???

Posted by えがお at 2009年10月10日 13:29
えがおさん

読みたいです(笑)
Posted by konta at 2009年10月11日 08:33
こんちゃん
ではでは「火の鳥」、
11月1日の「ひとり芝居」が終わったら(笑)
Posted by えがお at 2009年10月12日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック