2009年10月05日

出来た人物は

思う所あって、今日も論語の中から・・・

ひらめき為政第二

三日月読み下し文

子曰(しのたまわ)く、
君子(くんし)は周(しゅう)して比(ひ)せず、
小人(しょうじん)は比して周せず。


三日月意 味

孔子云う、
「出来た人物は、
分け隔てなく幅広く人と交わるものだが、
くだらない人物は、
偏った狭い交わりしかできないものである」
と。

半月高野先生の「人生応援歌」の中から

「あなたの排地性を試されていると思って、
堂々としていなさい」

人にはそれぞれ相性の善し悪しがありますから、
馬の合う人と合わない人が居るのは仕方のない
ことかもしれません。
しかし、だからといって
「相性の良い馬の合う人としか付き合わない」
などと馬鹿なことを云っていたら、
せっかくの人縁(人との出会いの縁)を
殺して」しまうことになります。

ここいらが、君子と小人の分かれ目のようですね。

相性の善し悪しと
人物の良し悪しは
全く別のものなのですが、
これを混同してしまいますと、

相性の良い人 =  善人
相性の悪い人 = 悪人

と錯覚してしまって、
余所者を寄せ付けない
排他的集団が出来上がってしまいます。

        後半略

高野 大造 著 書いて味わう人生応援歌「論語」より
http://rongo.jp/aisatsu/aisatsu00.html

20061002144501.jpg

猫
ついこの間までの私は、「錯覚」しておりました。
そして体験で痛い思いをして、やっと理解できた。
と、思っていたのですが、習慣とはおそろしいもので、
気をゆるすと、ふっと上記のような勘違いに戻ってしまっていたり・・・。

日々是学び、気付き、体験の人生〜猫
posted by こんちゃん at 08:58| 山形 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相性・・・あるね〜、悲しいけど、あるね〜。^^;私はまだまだだわ〜!
Posted by おーのっ at 2009年10月05日 09:59
おーのっさま
私も、まだまだまだ・・・ですよ〜
Posted by konta at 2009年10月05日 11:03
孔子の論語・・・味わいがありますねえ

あっというまに自分を静かにふりかえるモードに入ってしまえます

漢文の授業好きだったことを思い出しました。

日本の古文よりも、シャープでしかも深い。

継続してまなべ気づいて、体験を重ねられることは、素晴らしいなと思います。
Posted by たけ at 2009年10月05日 11:59
たけさん
自分を振り返る・・・
高野先生もおっしゃっていました。
朝か夜寝る前か、そういう時間を少しでもとりなさいって。
私・・・日中でも振り返っているかも(笑)
Posted by konta at 2009年10月06日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック