2008年10月25日

天地造化

今日の論語 43

或るひと曰く、

徳を以って怨みに報いば何如(いかん)。

子曰わく、

何を以ってか徳に報いん。

直きを以って怨に報い、

徳を以って徳に報いん。

(憲問第十四・仮名論語二十九頁)


解 釈
ある人が
「徳をもって報いるという言葉がありますが、
先生はどうお考えになりますか」
と尋ねた。

先師が答えられた
「それでは何をもって徳に報いればよいのか。
真っ直ぐな正しさでもって怨みに報い、
徳に報いるのがよいと思う」

通 釈
孔子は偉大な教育者です。
その人に応じて、順を追って指導されました。

ある人が、どういう人物であるか分からないが、
おそらくその人の程度を察して
「怨みに報いるのに怨みをもってするのでなくて、
まっすぐな正しさをもって、
更に徳に報いるには徳をもってすることだ。
いやしくも恩を仇で返すことのないように」
と暗に教えています。

二宮尊徳先生の信条
「報徳」の語は「論語」に
由来していることは御承知のとおりです。

二宮尊徳先生のいう「徳」は、
人の徳から限りない天地造化の大徳に及ぶものです。
これに報いようとするのが「報徳」であります。
この信念を一貫して、幕末時代、
極度に貧窮に陥った村や国を次々と救済
したのであります。

繁栄の中の没落を懸念される今日においては
おおいに学ぶべき先哲であります。

 「論語に生き 論語を活かす」 伊與田 學 著より



猫 恩を仇で返す人間にはなりたくない
ニャーふらふら
   
   


  高野大造師の”書いて味わう人生応援歌「論語」”
  
http://rongo.jp/index.html

     論語に学ぶ会 山形塾で学んでいまーす
     
http://rongo.jp/unei/unei00.html
posted by こんちゃん at 05:43| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック