2008年09月19日

改過

今日の論語13

子曰わく、
君子、重からざれば則(すなわ)ち威(い)あらず。
學べば則ち固ならず。
忠信を主とし、己に知かざる者を友とすること無かれ。
過てば則ち改(あらた)むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ


  (而學第一・仮名論語四頁)


解 釈
先師が言われた
「上に立つ人は、言動を重々しくしないと威厳がなくなる。
学べば独善、頑固でなくなる。
忠信(まこと)を第一とし、
安易に自分より知徳の劣った者と交わっていい気になってはならない。
そして過ちに気がついたら改めるのに誰にも遠慮はいらないよ」


通 釈
孔子は「過てば則ち改むるに憚ること勿れ」
と言っておられます。
これは誰でもが知っておる有名な言葉ですが、
容易に実行しにくい事柄でもあります。
しかしこれは人によってなされるものではなく、
自らの心の鏡に映し、
自らの意志によってなさねばならないことです。
それにはまず私心私欲を去る勇気が必要となってきます。
孔子の言う
「心の欲する所従えども矩(のり)を踰(こ)えない」
境地は、
この「改過」の積み重ねによって開けたものではないでしょうか。

   「論語に生き 論語を活かす」 伊與田 學 著より


猫 あたいは、毎日、心の鏡を磨き実践中!だニャーあせあせ(飛び散る汗)
 
   
高野大造師の”書いて味わう人生応援歌「論語」”
     http://rongo.jp/index.html

     論語に学ぶ会 山形塾で学んでいまーす
     http://rongo.jp/unei/unei00.html
posted by こんちゃん at 07:18| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック