2008年09月08日

今日の論語2

今日の論語2

 子(し)曰(のたま)わく、天、徳を予(われ)に生(な)せり。
 
 桓(かんたい)其れ予(われ)如何(いか)にせん



解釈
 先師が言われた「天は私に徳を授けられている。
 桓(かんたい)ごときが私をどうすることもできないだろう


 桓 (かんたい)=宋の司馬(軍務大臣)で孔子を殺そうとした
                                           (述而第七 仮名論語より)
  

通釈(伊與田 學)
 信念というものは、心の奥底から発するものであり、
 多くの書物を読み、また多くの人の意見を聞いて結論づけたものではありません。
 その信念は、平穏無事なときには発揮されないものですが、
 ひとたび思いがけないことに際会して、耐え難きを耐え、
 忍び難きを忍んでいかなければならないようなときに、
 大きな底力としてあらわれてくるものです。
 信念は時には、優しい慰安者となり、
 時には頼もしい救援者ともなるのであります。


exclamation世界でも解説書のもっとも多い書物は「論語」と「バイブル」だと言われているそうです。

exclamation論語とは、一から十まで他人の解釈に同調する事はいらなく、
 一人々が「論語」に対する「私感」を持つ事が大切だそうです。 

      「論語に生き 論語を活かす」 伊與田 學 著より



猫前振りがなく?思い立ったが吉日の行動をとる事が、
 たまにあります。
 そんな状態になる時は”心の奥底から発してくるんです”ニャーわーい(嬉しい顔)


     高野大造師の”書いて味わう人生応援歌「論語」”
     http://rongo.jp/index.html

     論語に学ぶ会 山形塾で学んでいまーす
     http://rongo.jp/unei/unei00.html
posted by こんちゃん at 03:40| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック